菩提樹はちみつ

菩提樹はちみつ(リンデンハニー)

トチはちみつと共に菩提樹はちみつは、山のハチミツの代表です。

ドイツ・ロシア・オランダなどヨーロッパの人々に好まれていて、海外ではリンデンと呼ばれています。

菩提樹はハーブの一種で、利尿剤、健胃剤、鎮痛剤、鎮静剤…とヨーロッパでは伝統的に民間薬と

して使われています。

色はやや強めの黄色で、香り高く、落ち着いた甘みと舌触りを持っています。

菩提樹の蜂蜜は眠れないときや、発汗を促進する作用があるので風邪のときなどにもよく食べられ

ています。

香りが強いので人によっては好みが分かれる風味です。

独特の風味があるのでそのまま食べるのでなく、パンケーキやプリン、マドレーヌなどのデザートの

材料として加工して食べるのに向いています。

▲topback




Copyright© 2010 はちみつ All Rights Reserved.