山桜(さくら)はちみつ

山桜(さくら)はちみつ

山桜(さくら)はちみつは、山桜の花から採集したはちみつです。

口に含むと、桜の香りがふわっと漂う、香り豊かで、甘み抑え目でさらっとしたまろやかな味わいが

特徴です。

桜餅のような、和風な風味があります。

ヤマザクラは日本に古くからある野生種の桜の総称で、変種や個体差が大きく、花の色や花つき、

新芽の色や樹の形に至るまで、さまざまな個体があります。

そのため同じ場所の桜が一斉に開花し、一斉に散るということは珍しく、場所が同じでも開花時期が

1週間程度ずれることは珍しくありません。開花時期は3月下旬から4月頃です。

桜の咲く時期は気温が低く、蜂の活動が鈍い上に、桜は開花期間が非常に短いので、採蜜がとても

難しいのですが、ヤマザクラでは、採蜜の機会はほんの少しだけ多くなります。

 

ヤマザクラは木の寿命も長く、樹齢500年にもなる樹があります。

現在は桜といえばソメイヨシノですが、古来日本の象徴といわれた吉野桜とは、ヤマザクラのことで

した。

新芽と花びらが同時に開くヤマザクラは、まさに新しい命、一斉に芽吹く力強い春の息吹を感じさせ

てくれるものです。

 

そのヤマザクラから採られる山桜はちみつには、古来から愛され続けている桜の春の風味が濃縮さ

れています。

ヨーグルトと混ぜたり、パンに塗ったり、できるだけそのままの風味と香りを壊さないように、直接味わ

える食べ方がおすすめです。

春の息吹を感じさせてくれる貴重な逸品です。

 

▲topback




Copyright© 2010 はちみつ All Rights Reserved.